Trickster

生田斗真とその周辺を幅広く応援中。
コメント、WEB拍手、24時間受付中です。お気軽にどうぞ。
<< あずみ 〜AZUMI RETURNS〜 | main | 脳内あずみ祭り続行中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
あずみ感想
「あずみ〜AZUMI RETURNS〜」

4月11日・13時公演。場所はもちろん明治座。3階一列目。

ちなみにこれ読んだところで、ストーリーとかさっぱりわかりません。
ストーリーを知りたい方は舞台を観にいくか、もしくは戯曲を買ってください。

でもネタバレは含むので追記に書きます。

注1・長いですよ。

注2・多少生田に偏ってるかもしれません。お許しを。
どうしよう。いざ感想書くとなると意外と言葉が出てこないよ。笑

「あずみ」っていう舞台のあの独特な世界観にハマりすぎててダメだ。
それにすごいメッセージ性の強い作品だから気安く語れるもんじゃないんだよね。

だからってなんにも書かないっていうのも嫌だし…。

そうだ。箇条書きにしちゃおう。

じゃあ早速。

・幕が開く前の客席の、照明が消えて音楽がだんだん大きくなっていく感じがすごい好き。
めっちゃテンション上がる。

【一幕】

・偽清正のヅラをとって「(ポンッ)影武者だ」はわかっていてもやっぱり笑える。

・あずみの登場シーンは鳥肌もん。カッコイイ!!
「あずみ」が帰ってきたんだ!!って思って早くも泣きそうになった人がここに…。笑

・客席いじり。テーマは【いやらしい人妻】
今回の影武者さん、あずみ達が来る前に自分でヅラをはずしちゃってて
うきはが「いいからとりあえずヅラを被りなさい」って言ってた。笑

・3兄弟vs飛猿のシーンのBGMは少年隊の「仮面舞踏会」

・祭りの夜の飛猿とあずみのシーンで
飛猿が踊るへんてこなダンスを後ろのアンサンブルの人たちも一緒に踊っててマジうけた。

・飛猿のい〜たぁ〜い〜が去年より絶対長い。笑
去り際のうきはへの一言は3階だったせいか聞き取れず…凹

・今回は全体的を通して飛猿のボケ具合がパワーアップ。すべり知らず。

・あずみを刺客と知っていながらも、逃がしてくれる清正様の優しさに涙。
ここのシーンは今思い出しただけても泣けてくる。

・なちの衣装が去年と違う!!生田の演じ方も少し違ったような…。

・去年同様、清正様の最期のシーンでやっぱり号泣。思い出しただけでも泣けてくる(二回目)

・うきはの3階からのフライングスゲェ。
ってか明治座がスゲェ。天井が降りてくるとか何かからくり屋敷みたいだな。

ちなみにこのフライングのときって梯子と自分の体をワイヤーで繋いでるんだけども

よ〜く観てたらあの人、2階席に座ってるお客さんの頭上に到達したくらいのところで
もうこのワイヤー外しちゃってたよ。

すっごい冷静に。何の迷いもなく。

その時の目がねぇめちゃくちゃカッコよかったんだぁ。マニアックだけど。

【二幕】

・うきはがあずみのことを後ろから抱きしめるシーン。やっぱりここ好き。
去年よりちゃんと抱きしめててそれが何だか余計に切なかった。

・去年は泣けなかったうきはの最期のシーン。今年は泣けました。

・その後、一人残されたあずみが戦うシーンでも泣きました。

・っていうかこの辺から最後までずっと泣きっぱなしだったんですけど。

・美女丸の狂人っぷりが去年よりパワーアップ。涼風さんさすがです。
衣装が去年と違いますね。白い衣装になってます。こっちのほうがいいわ。

・秀頼の最期。やっぱりここで泣かされる。…悔しいけど。笑

・最後のあずみの台詞「次は誰を斬ればいい!!」が大好きです。

結論→やっぱり「あずみ」は最高でした!!

しかも何か去年より迫力あったよ。そんでもって泣けた。

まだ語り足りないよ〜。

なんでカーテンコールと特別に好きなシーンについてはまた別に書きます。

とりあえず以上。
舞台 21:07 comments(0)
スポンサーサイト
- 21:07 -
コメント









カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
MAIL


SPONSORED LINKS